ヒアルロン酸注射の特徴

医者

メリットが多く手軽に効果が得られる

ヒアルロン酸注射には即効性があることや完成度が高くナチュラルに仕上がることなど、たくさんのメリットがあることから人気です。仙台市内においても、今はほとんどどこの美容外科クリニックでもヒアルロン酸注射を採用しています。しかし、ヒアルロン酸注射と一口に言っても仙台市内のクリニックによって使用しているヒアルロン酸が違う場合があります。世界各国の医療メーカーから数多くのヒアルロン酸が販売されていてそれぞれの種類で効果が違うので、やる前にその特徴を理解しておくと安心して施術ができます。分子量が大きいヒアルロン酸は、注射をするときの痛みが大きいと言われています。しかし分子量が大きいと体内に吸収されにくく、基本的に長持ちしやすいことから口コミで人気があります。形崩れがしにくく、バストアップ効果がある豊胸系の美容整形に使用されることが多いです。注射をするときに痛みが少ないと口コミで高評価なのが、分子量が小さいタイプのヒアルロン酸です。分子が小さいと細かい部位に針を刺して注入しやすいので、ほうれい線や目の下のたるみなどアンチエイジング系の繊細な施術に使用されます。ただし分子が小さいとスピーディーに代謝されて体内に吸収されやすく、持続力があまりありません。長期間効果を持たせたいという人には向いていないですが、短期間でも安全にヒアルロン酸注射をしたいという人には向いています。また、最近では「長期持続型ヒアルロン酸」を採用している美容外科もあるので、効果を持たせたい人にお勧めです。

仙台の美容外科では、ヒアルロン酸注射はしわ取りのアンチエイジングからバストアップまで幅広い美容医療に使用されています。ダウンタイムが少なくてしっかりと効果が得られることからとても人気のあるプチ整形です。アンチエイジング(若返り)の美容医療分野においては、ヒアルロン酸注射はもはやなくてはならないものです。顔の一部分だけでもしわがあると老けて見られますが、ヒアルロン酸注射をしてしわを消せば5歳以上は実年齢よりも若く見られます。口コミではほうれい線や目の下のたるみ・クマ消し以外に、肌全体のうるおいがアップする、キメが細かくなると評判です。ヒアルロン酸をバストに数CCほど注射すれば、1サイズ以上バストにボリュームを出すこともできます。ただ大きくするのではなく、つんと上向きのハリのある美乳になれるので仙台でも口コミを聞いてやる人が多いです。美容外科に行けばカウンセリングがありますが、そのときに医師に相談をすればバストの形や希望に応じてヒアルロン酸を注入する量をコントロールしてくれます。ヒアルロン酸を注射する前に局所麻酔をすればほとんど痛みがなく、表面的に目立った傷跡が残ることもありません。多少違和感があっても、時間が経過すればなじんできてだんだん慣れてきます。ヒアルロン酸はもともと人体の中にある物質なので、コラーゲン注射よりも副作用などのリスクは少ないと言われています。注射を打ったすぐその直後からスピーディーに他人にばれることがない、触り心地も見た感じも生まれつきのように自然に完成します。